どちらにするか|フロントラインプラスでノミやダニを一網打尽に

フロントラインプラスでノミやダニを一網打尽に

どちらにするか

手のひらの薬

フロントラインプラスというのは世界各国で使用されているノミやダニ駆除・予防に使用されているお薬です。非常に高い効果が得られるということで日本の病院でもフロントラインプラスが処方されるケースが多いです。

フロントラインプラスというのは皮膚に塗布する形状となっています。ただ、2つの種類がありますので、ペットの性格や使いやすさで適したものを選びましょう。

まず、フロントラインプラスのスプレータイプについて紹介します。スプレーというのはレバーを押すことで薬が噴出されるようになっています。一度に広範囲塗布することができますので便利です。ただ、毛足の長いペットに使用する場合には複数回スプレーを吹き付けるようにしましょう。また、目や口などの粘膜部分に付着しないように気を付けましょう。

次に、フロントラインプラスのスポットオンタイプについて紹介します。スポットオンタイプというのは、1回分ずつの容器に分かれており、直接肩甲骨あたりに液体を塗布します。一箇所にしか液体が付着していなくても、皮脂腺をとおして全身に効果が行き渡りますので問題ありません。

どちらのフロントラインプラスも使用後48時間はシャワーや水浴びはNGです。ただ、それ以降は濡れても問題ありません。副作用がない駆除薬ではありますが、体質によってはフロントラインプラスに含まれるアルコールで皮膚がかぶれる恐れがありますので気を付けましょう。

また、フロントラインプラスには駆除の効果だけではなく予防の効果もあります。そのため、ノミやダニが寄り付かないようにするためにも定期的に使用するようにしましょう。